宇宙と天文

平成14年からCosylabはアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)のためソフトウェア開発をしていました。プロジェクトの顧客はヨーロッパ南天天文台(ESO)です。Cosylabは現在でも有用な電波天文学用アプリケーションの制御システムのフレームワークを開発しました。

Photo: Iztok Bončina/ESO, License: CC-BY-SA 3.0